day-to-day

<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Real Healing

e0170082_21494617.jpg


ビールはその味よりも気分を楽しむものだと思っている。

例えば、、、
仕事の後、お風呂あがり、スポーツの後、
解放感、爽快感をもたらす絶対的な効果がある。

そして、海の上、青空の下、
太陽からストレートに暑さが伝えられる夏の南の島。
脱日常の極みとも言えるシチュエーションで喉をビールが伝えば
泡が体の奥深くに伝える爽快感に心も体も解放され、
ビールは偉い、とすら思うのです。

銘柄はもちろんその土地のものでなくてはならない。
ビールというものは、その土地の気候にちゃんと合ってる。
沖縄の夏に恵比寿じゃいけない。
ちゃんとオリオン、これが大切。

つまみは潮騒と八重山の大自然。

何とも贅沢な時間です。



[PR]
by wacoaco | 2013-07-31 22:07 | food | Trackback

一服の涼

e0170082_19131515.jpg


気温だけ見ると沖縄よりも暑い内地です。
都会の暑さ、盆地の暑さ、体温に迫る気温は
沖縄のうちなーんちゅには想像もつかない不快さだと思います。

では沖縄の暑さは楽かと言うと、そんなことはあるわけはない。
太陽が直に照りつけるので、都会とは違うホンモノの暑さがある。
でも、こちらも暑いがデフォルトでいっているので、
汗は流しっぱなし、タオルなんてもっていても拭いもしない。
強気の日差しにはこちらも強気で対応します。
気持ちの問題かと思いますけど、割り切れば受け入れられる。

でも、、、涼しいに越したことはなく、

だから水辺に足が向きます。

マングローブの川を船で上っていった先に現れた滝。
水音が聞こえだしたと同時に空気が気持ちひんやりとしてきました。

自然がもたらす涼しさ。これは恵みと呼ぶにふさわしい。




[PR]
by wacoaco | 2013-07-28 19:25 | travel | Trackback | Comments(0)

マングローブの命の力

e0170082_21304190.jpg


西表島にはマングローブが住んでいます。
でも、マングローブという木があるわけではなく、
海水と淡水が入り混じる汽水域に生活する木々を
総称してマングローブ、と言います。

潮の満ち引きの影響を受ける生活環境、
[PR]
by wacoaco | 2013-07-25 21:46 | travel | Trackback

織姫と彦星の逢瀬

e0170082_2274014.jpg


7/7の七夕の日に天の川が見える島にいました。
案の定、空には見事な天の川がかかり、織姫と彦星の恋路を拒む雨はない。

でも考えてみれば2人が引き裂かれたのは、2人が恋におぼれたあまりの
怠慢に神さまが怒ったからなんですよね。
働かざるもの恋するべからず。

そして神さまが1年に1度だけ再会を認めたの日さえ雨で阻む
内地の都会はさぼり屋にどこまでも厳しい。
対して、ニライカナイの神様は364日耐えた2人に優しく微笑む。
こんなとこにも土地性が表れるのでしょうか・・・?



[PR]
by wacoaco | 2013-07-22 22:15 | travel | Trackback

楽園の島へ

e0170082_21372510.jpg



南の島のリゾートを"楽園"と呼んだのは
かの有名な写真家であったわけですが、
彼の表現は実に正しい。

楽園の島へ旅するようになってもう何回目か・・・?

林を抜けたら楽園。このわくわく感がたまらなく好きで、

今年の夏もこの自然のトンネルの先の楽園に行ってきました。



[PR]
by wacoaco | 2013-07-21 21:49 | travel | Trackback | Comments(2)