day-to-day

織姫と彦星の逢瀬

e0170082_2274014.jpg


7/7の七夕の日に天の川が見える島にいました。
案の定、空には見事な天の川がかかり、織姫と彦星の恋路を拒む雨はない。

でも考えてみれば2人が引き裂かれたのは、2人が恋におぼれたあまりの
怠慢に神さまが怒ったからなんですよね。
働かざるもの恋するべからず。

そして神さまが1年に1度だけ再会を認めたの日さえ雨で阻む
内地の都会はさぼり屋にどこまでも厳しい。
対して、ニライカナイの神様は364日耐えた2人に優しく微笑む。
こんなとこにも土地性が表れるのでしょうか・・・?



[PR]
by wacoaco | 2013-07-22 22:15 | travel